様々なタイプの宅配食

>

宅配食を賢く利用して健康に

この記事をシェアする

あなたの都合で色々選ぼう宅配食のタイプ

宅配食は大まかに、お弁当タイプと、お総菜タイプの二種類に分ける事ができます。
二つの違いは、文字どおり主食のごはんがついているかいないかです。
お弁当タイプは主食のごはんに主菜と副菜を組み合わせた物です。
食事に関しては、受け取るだけで全て事が済んでしまいます。
お総菜タイプは主菜や副菜などのおかずのみがメインとなっている物です。
お総菜タイプには、主菜と副菜を組み合わされた一食分が、一まとめとなっている物と、主菜や副菜が一品ごとにレトルトパックされている物に分かれます。
主食のごはんは自分で用意したい方や、パンや麺など組み合わせをその日の気分で変えたい、という方にはお勧めです。
また、おかずが一品ごとにレトルトパックされた物であれば、その日の好みで食べる量を調整できるので大変便利です。

保存状態も様々、よりおいしく楽しもう

保存の方法は、冷凍、冷蔵、常温、の三タイプに分ける事ができます。
冷凍タイプは冷凍状態で届けられますので、冷凍庫でのストックか可能です。
長期保存が効くので、自分の好きな時に食べたい方にお勧めです。
食べる時は、電子レンジや湯せんなどで解凍をします。
冷凍は味が心配と言う方にお勧めなのが、冷蔵タイプです。
冷蔵庫で一日から三日ほど保存する事が可能です。
食べるときは電子レンジで温めます。
より新鮮でおいしい食事を楽しむことができます。
そして最後は、常温タイプです。
このタイプは、各サービスそれぞれの地域の担当者が、見守りのサービスを兼ねてお届けする場合が多いようです。
受け取って、すぐそのまま食べることが出来るので、作り立ての味を楽しめます。